心理学ブログ

人の心理と行動について、性格の心理や行動、雑学における心理学、臨床心理や、産業組織心理、心理分析などについて考える。

「猫を飼う心理」

<猫好きな人>

先ず動物好きな人は、そうでない人よりも愛情表現が得意という事が分かっているらしい。

猫は私達にとって親しみを感じさせる存在だろう。

猫カフェや猫雑貨など、あらゆる場面で賑わっているからだ。

<猫好きな人の性格は3つ>

猫好きな人の性格は大きく「ギャップ好き」「マイペース」「好き嫌いがハッキリしてる」に分類。

「ギャップがある」
猫好きな人は2面性がある。

ギャップがあるとキュンとなる。

普段はサバサバしているのに、甘える時はベタベタしてくる事などギャップがロマンティック。

「マイペース」
基本的に、誰かに合わせない。

猫好きな人は、自分の好きな時に、自分の好きな事をするという行動原理を持っている。

相手のリズムは気にしていない。

気まぐれで何を考えているのか分からない。

そもそも猫は勝手に生きて行けるので、猫好きな人も勝手な事が出来る?

「好き嫌いがハッキリしてる」

自分のリズムやペースが大切な為、これを乱されるのは何よりも嫌い、好きと嫌いはハッキリしてる。

<猫を飼いたいという心理の意味は>

「母性を発揮したい」「ボランティア精神が強い」

「ストレスが溜まっている」「ブランド志向」

「運気を変えたい」などが挙げられる。

「母性を発揮したい」
子猫が欲しい人が母性本能が強い傾向にある。

子猫は親猫を探し目が離せない為、自分が母親となり面倒を見てあげたくなる。

「ボランティア精神が強い」

猫を飼いたい心理は、ボランティア精神が強いのが特徴で、里親を探しなど困っている生き物を助けたい気持ちが強くボランティア精神がある。

可哀想な捨て猫なども放って置けない。

「ストレスが溜まっている」
ストレスが溜まっているサインとして猫を飼いたい心理が働く。

猫の仕草や動きが愛らしくイライラを解消する対象になる。

「ブランド志向」
猫を飼いたい心理は、一種のブランド志向に似たものがある。

持ち物がブランド品が好きな人なら、猫も高級な純血種を選びがち。

「運気を変えたい」
商売繁盛の運気アップのシンボルとして招き猫が使われている。

猫を飼いたい人は運気アップの心理が働いているかもしれない。

動物から得るエネルギーは色々あるが、命を大切にする気持ちは、将来的にもよい事とされる。

つまり、自分の環境をプラスに変えたい時に猫を飼いたい心理になる。

<まとめ>

以上、実際に心理学の研究で結果が出ている。

「猫をかぶる」と言うことわざは、自分が認めた好きな人だけに「本当の自分」を見せると言う意味。

友達や恋人に限らず好きな人に対してなら凄く親切に対応する。

猫好きな人はマイペースだから、ある意味、浮いた人は多い。

人間と猫の関係を知ることは、その人の心理をより理解する事も出来る。

筆者も猫が大好きである。

自分の癒しである存在だ、この心が落ち着くという事がどれだけ有難いものかと感じるのである。

【猫の写真集】https://youtu.be/eYjFKvpysuM

f:id:masaki6379:20200817165809j:image

【茶トラ猫写真集】https://youtu.be/e-QHen_GEoQ

f:id:masaki6379:20200817165555j:image

【子猫動画】茶トラ子猫 保護猫

https://youtu.be/Vhq-SPvNwgU

f:id:masaki6379:20200816183037j:image

【子猫動画】茶トラ猫 保護猫

https://youtu.be/yaPSRKSMNq8

f:id:masaki6379:20200817165729j:image