心理学ブログ

人の心理と行動について、性格の心理や行動、雑学における心理学、臨床心理や、産業組織心理、心理分析などについて考える。

「猫のストレス」

<猫の心因性脱毛症>

猫はストレスを受けるとストレス発散のためグルーミングを行う。

グルーミング→毛づくろい

そして、持続的にストレスを受けると過剰なグルーミングを始めてしまう。

過剰なグルーミングは問題があって、被毛や皮膚を傷つけてしまうことがある。

特に猫の舌はザラザラしているので毛が抜けたり皮膚炎をおこしてしまう。

部位は猫がグルーミングしやすい場所である

お腹・後肢・内股・お尻・背中におこる。

<原因>

多いのは環境の変化がきっかけになること。

家族が増えたり減ったり、引越しをしたり・ペットホテルなどで別のところに預けられたり、家の中にいつもと違うものが置いてあったりと様々なことがきっかけになる。

また、ストレスを感じやすい要因を持っている品種もいる→シャム系・アビシニアンなど。

<対処法>

落ち着ける場所(高所や隠れられる場所)を作ってあげることで改善されることもあるが、精神を落ち着かせる薬や行動治療が必要な場合もあり。

痒みを伴う皮膚炎として皮膚糸状菌症・毛包虫症・アトピー・ノミアレルギー性皮膚炎などもあるので過剰なグルーミングや脱毛を見かけたら診察を受けると良い。