心理学ブログ

人の心理と行動について、性格の心理や行動、雑学における心理学、臨床心理や、産業組織心理、心理分析などについて考える。

「猫が目を瞑る時の心理」

<猫が目を瞑る時>

猫が目をつぶる理由は眠いだけでは無い。

眠い時以外で起こる5つの心理があるそうだ。

猫が目をつぶる理由は…
1.愛情表現

ゆっくり瞬きをする時は愛情表現。

相手を心から信頼し、その気持ちをボディランゲージで伝えている。
飼い主の場合、逆にこちらがゆっくり瞬きをすると同じ意味として愛猫に気持ちを伝わる。
2.ウインクをする

ウインクも信頼の証で、飼い主の顔を見て、意図的にウインクのように片目を閉じる時がある。

しっかりとした信頼関係が築けている証となる。
※常にウインクをしたままの場合は怪我や目の病気の疑いがあるので気を付ける。
3.ご飯が美味しい時

ご飯を食べながら目を閉じる時、シンプルに幸せな気分を表している。

リラックスしていると同時に満足感が表れている。
4.無駄な喧嘩を避ける手段

敵意は無い事を表す意思表示で、険悪なムードの最中に目を逸らしたり目を閉じる事によりその場を落ち着かせる。

つまり猫同士はよく喧嘩をしている印象があるが、これは誤解。

猫は極力無駄な喧嘩を回避する努力をしている。
5.眩しい時

人間よりも多くの光を取り込める構造(ブルーアイ)になっている猫の目は照明が眩しすぎる事がある。
太陽光や車のヘッドライトも同様で眩しそうにしていたらあまり良くない。
<まとめ>

知れば知るほど奥深い猫の心理。

「目を閉じる」という行動には、猫からのメッセージが込められており、言葉を話せない分、些細な仕草で気持ちを伝えてくれている。

猫同士でもボディランゲージは積極的に使われているという事。

それを汲み、猫が用いるボディランゲージを取り入れると自然と会話が成り立ち、気持ちが通じ合う。

【野良猫動画】白と黒のモフモフ猫  

https://youtu.be/F4t9ELeTkew

f:id:masaki6379:20210222163438j:image

【光る猫の目動画】https://youtu.be/XNXPmhkIez0

f:id:masaki6379:20210222164323j:image