心理学ブログ

人の心理と行動について、性格の心理や行動、雑学における心理学、臨床心理や、産業組織心理、心理分析などについて考える。

「孤立する人とその心理」

<孤立している人の心理>
孤立している人は、例えば周りの人が遊んでいてもお喋りしていても、自分が与えられた仕事を黙々とこなしたりする。

つまり仕事熱心だと言える。

だが、見方を変えると、少し大袈裟だが、孤立している為に仕事に逃げているとも見える。

例えば入社して間もない時、一時的に孤立することがあるだろう。

この場合、職場に慣れていないからである。

そして何ヶ月か経つ、すると円満な人間関係を築いていたりする。

孤立する人はおよそ以下の3つの心理が働いているとして、大きく振り分けることが出来る。

「コミュニケーションが苦手なので孤立する人」「自分から好んで孤立する人」

「周りの人から嫌われているので孤立する人」

<孤立する人への対処法>
とりあえず話しかける、又はメールをする。
孤立している人に話しかけると、愛想の無い返事を繰り返した場合、一人が好きなのか、トークが苦手なだけかなのか分からない部分もあるので最初はメールでコミュニケーションを取るのが効果的。

孤立する人は自分から声を掛けられない事が多い。

孤立している人がグループのほうに度々視線を送るようなら、話し掛けてほしい気持ちの表れだろう。周囲の人から声掛けすると良い。

<まとめ>

例えば、チームワークが必要な仕事を与えて見ると良い。
職場で、もし自分が上司の立場なら孤立している人にチームワークが必要な仕事を与えて見る。

これは、他の同僚と協力して行う仕事を与える事により、孤立している人が打ち解ける事があるかも知れないからだ。

仲間と協同で働くことによる達成感を味わい、仕事の成果が上がると更に良いと言える。

f:id:masaki6379:20201219000350p:image