人間の心理

心理学から紐解く人の心理

自我状態

「ストレスと鬱病」

<鬱病> 人は悲しい事があれば、泣いたり落ち込んだりして気分は沈む。 やがてついには、やる気も無くなっていくものだ。 ところが、鬱病は普段感じる一時的な気分の落ち込みなどは関係ない。 動く気力さえ無いほどのつらく沈んだ気分、そして、今までの興…

「心を磨くということ」

<自己啓発の心得> 例えば… 自分を変えたい、今より良くなりたいと考えた時に 何故かわからないのに人から変わった目で見られるているなと、ある日、自分で気づくとする。 そういう時は、大抵、対応の仕方は決まっている。 シンプルに気にせず、普通なら○○…

「注意されると黙り込む人」

<こんな人は対応にコツがいる> よくある話で、注意すると黙り込む人がいるが、その様な人は、対応のコツがいる。 ズバリ、自分から気づくように仕向けるべし。 ストレートに「ここが違う」と注意してはダメ。 そうではなく、間違っている事を何となく匂わ…

「心の病を克服」

<見事に立ち直る> 悲願の生活保護打ち切り、心の病を克服できた居酒屋バイトのある女性の話。その方は、柔軟なシフトが奏功し、鬱病を患いながらも安定した勤務ができるようになった。関西在住の女性に5月、一通の書類が届く。 それは、鬱病が原因で約1…

「6秒我慢しても逆効果?」

<6秒ルールについて> 人間は感情動物だ、怒りをコントロール出来ない場面は多々ある。 よく聞く6秒間我慢という言葉、実は、これをしても逆効果だ。 怒りを一瞬で消す効果的な方法は、6秒ルールに頼っても実際なかなか怒りを消すことができない。 むしろ我…

「現代の心の悩み」

<心の問題の悩み> 「こころ」の働きに関係する病気は、うつ病や依存症、摂食障害、解離性障害などがあり、種類も症状も様々だ。 だが現代のその悩みは、時代の傾向があり、心の問題に悩み、心理療法を受けに来る人たちは、まるで流行があるかのように訴え…

「婚活はパーソナルスペースからアプローチ」

<結婚相談所の利用を考える心理> 女性は出産等の関係もあり、できるだけ早く結婚したいと思い結婚相談所に入会する人が多い傾向だという。 どのような男性が集まっているのか気になる人が多いだろうし、時間とお金をかけて結婚相談所を利用するのだから素…

「スパイト行動の心理」

<スパイト行動> スパイト行動という言葉を耳にした事はあるだろうか。 スパイト行動とは→意地悪分配行動と呼ぶ。 わかりやすく言えば、「私が損をしているのだから、あなたも損をすべきだ」という心理から生まれる行動だ。 「自分が損をしてでも、相手より…

「口が軽い人の特徴と心理」

<口が軽い人の特徴> 職場の人間関係における口が軽いの意味。口が軽いとは、秘密にすべきことを他人に話すこともある。 よく「ここだけの話ですよ」と言われると、何故か人に話したくなる。 子供の頃「誰にも言ったらダメ」と内緒話をしたら、クラスメート…

「考えが分からない人の心理」

<何を考えているのか分からない> この様なの特徴や心理、対処法まで考察してみよう。 本当に言わなければ気付いて貰えないのか、分かって貰えないのか。 男女関わらず、何を考えているのか分からない人は確かに居る。 自己主張が足らないか、気まぐれなの…

「絵心は人それぞれ」

<子供の絵と心理の関係> 子供の絵には、無意識の心理状態が表れると考えられ、大人が論理的に色や形を決めるのとは違い、まだうまく言葉にできない自分の感情を色使いやモチーフで表現している。 子供の気持ちを絵から読み取るアートセラピーや色彩心理学…

「人間の最も原始的な心理」

「妬み」は人間の最も原始的な心理で、遠い昔から心に潜む相当な悪玉の源だと考えられてきた。 <他人と自分を比較する> 例えば仕事を先延ばししてばかりで、計画どおりに物事が進んだ事が無い役職の人がいる。 一方で、同じ職場にはそれをやってのける同期…

「見返りを求める人とその心理」

<見返りを求める人> 見返り→はお礼をすること。 人は親切にされるとうれしいもの。 親切を親切で返す、又は謝礼を渡したり返し方は人それぞれ。 しかし、その中で自ら見返りを求める人がいる。 つまりその様な人は、見返りを期待しているから親切にしてい…

「胸の内を知るサイン」

<何考えてるかわからない人の心理>多くを語らない人は、胸の内で何を考えているかわからない。 そんな人でも観察していればどこかにサインが表れているもの。 その心理を探っていってみよう。 <怒っている>何を考えているのかわからない人は、自分の意見…

「ポイントサービス大国」

日本は「ポイントサービス大国」と呼ばれる。 <1兆円超え> その市場は1兆円を超えていると言われる。 ポイント市場が広がっている背景には何があるのだろう。 今後も拡大する見通しなのだから。 <ポイントサービスとは> 顧客が商品やサービスを購入した…

「頑固な人の心理」

<頑固と信念は紙一重> 頑固は良く言えば「信念が強い性格」を意味するが、悪く言えば「融通が利かない性格」とも言えるだろう。 つまり、非を認めない性格、自分の考えを曲げない性格を表す。 悪い印象でとらえられるのは「頑固」 どちらかと言うと年配の…

「えこひいきする人の心理」

<えこひいきする人の特徴> 「外ではいい顔をする」 「人に好かれたい気持ちが強い」 「損得勘定で物を考えている」 「ズバリ自分勝手である」 <えこひいきする人の心理> えこひいきをする人は自尊心が強いので、自分を立ててくれる部下には優しく接する…

「余計なお世話な人の心理」

<余計なお世話をする人の心理>「人に喜んでもらいたい」「人の役に立ちたい」 という気持ちが強い人で、親身になって相手に尽くしてくれるのが特徴。 その反面… 「良い人と思われたい」「感謝されたい」 と思ってやっているのも特徴。 人を助ける事で自分…

「孤立する人とその心理」

<孤立している人の心理>孤立している人は、例えば周りの人が遊んでいてもお喋りしていても、自分が与えられた仕事を黙々とこなしたりする。 つまり仕事熱心だと言える。 だが、見方を変えると、少し大袈裟だが、孤立している為に仕事に逃げているとも見え…

「言い訳がましい人の特徴と心理」

<言い訳がましい人の特徴>『プライドが高い』『人の忠告を聞かない』 『本当は実力がないと分かっている』 『本音を吐かない』 言い訳がましい人は、ミスをすると、物や人のせいにする。 口先だけは達者で仕事も総じて出来ない。 仕事が出来ない事実を認め…

「見下す人間の心理」

<見下す人の心理とは> 見下す人の心理は、何か凄く競争をして来た人に多いといえる。例えば、受験、大学受験などで激しい競争を勝ち抜いてきた人。 この様な人は、自分より劣る人を見下す傾向がある。 人を見下すことで自分は人よりも優れているという優越…

「権力者の威光を借りて威張る人」

<権威を傘に着る> 例えば、権威を笠に着る人。 この様な人は、事あるごとに権力者の名前を出す。 何故だろうか?一体どの様な心理なのか。 それは、権力者の名前を出す事によりみんなが従うからだ。 だが権威を笠に着る人は、本当は自分に権威があるかのよ…

「負けず嫌いな人の心理」

<負けず嫌いな人> 負けず嫌いな人の心理は、主に承認要求と自尊心が強いところに注目する。人に評価されたいと思う承認要求や人より優れていたいという自尊心は誰にでもある。 そして、負けず嫌いの人はその気持ちが人一倍強いのが特徴だと言える。 自己評…

「自慢話ばかりする人の心理」

<自慢話ばかりする人の特徴>「自分に自信がある」「1人より大勢でいたがる」 「自分が好き」「周りの空気が読めない」 「誰かにかまってほしい」「負けず嫌い」 「社交的」 <自慢話ばかりする人の心理>この場合、承認欲求が強いという事である。 承認欲…

「否定をする時の心理」

<人が否定する時> 例えば相手に対してとかく否定的、否定をする事が多い人の特徴は… 「真面目、慎重」「考えが古い、頭が固い」 「強情、傲慢」 「自分のことは棚に上げて物を言う」 「納得しないと行動しない」 「常に自分が正しいと思っている」 「他人…

「嫌味を言う心理」

<嫌味を言う人の心理> いくつかのタイプ別に嫌味を言う人を分けてみる。 ①日頃から誰にでも嫌味を言う人これは、嫌味を言うことがクセになっている。 日頃から誰にでも嫌味を言っている人は、嫌味の1つでも言うことがコミュニケーションになっているので…

「効果的に人の心に迫る方法」

<目に見える所> 人の心は目に見える所に現れる。 目の前の相手の本音を、紐解くヒントは… 「相手がどう考えてるか分かればこの問題は解決出来るのに」「あの時、相手の心が分かっていれば」など、誰しも思った事があるだろう。 それは、人の心を知りたいと…

「構造分析と自我状態」

<構造分析における自我状態の性質について> 自我状態をPACに分け「3つの私」の性質を示す。 P →親の自我状態。育ててくれた人達の影響を受け取り入れた考えや行動。 CP NPの2つの面がある。 CPは父性的なPで、批判的強制的支配的な部分。 NPは母性的なPで…