人間の心理

心理学から紐解く人の心理

心理的影響

「ストレスと鬱病」

<鬱病> 人は悲しい事があれば、泣いたり落ち込んだりして気分は沈む。 やがてついには、やる気も無くなっていくものだ。 ところが、鬱病は普段感じる一時的な気分の落ち込みなどは関係ない。 動く気力さえ無いほどのつらく沈んだ気分、そして、今までの興…

「医師が警鐘を鳴らすコロナ後遺症」

<重力に逆らえないレベルの倦怠感が続く> 恐怖感で追い詰めらる様な心理。 コロナ後遺症、いわゆる、数か月たっても倦怠感が残る、体調が本調子に戻らない、頭にもやがかかったようなブレインフォグの状態が続く、咳が取れない、起き上がるのがしんどい、…

「注意されると黙り込む人」

<こんな人は対応にコツがいる> よくある話で、注意すると黙り込む人がいるが、その様な人は、対応のコツがいる。 ズバリ、自分から気づくように仕向けるべし。 ストレートに「ここが違う」と注意してはダメ。 そうではなく、間違っている事を何となく匂わ…

「6秒我慢しても逆効果?」

<6秒ルールについて> 人間は感情動物だ、怒りをコントロール出来ない場面は多々ある。 よく聞く6秒間我慢という言葉、実は、これをしても逆効果だ。 怒りを一瞬で消す効果的な方法は、6秒ルールに頼っても実際なかなか怒りを消すことができない。 むしろ我…

「現代の心の悩み」

<心の問題の悩み> 「こころ」の働きに関係する病気は、うつ病や依存症、摂食障害、解離性障害などがあり、種類も症状も様々だ。 だが現代のその悩みは、時代の傾向があり、心の問題に悩み、心理療法を受けに来る人たちは、まるで流行があるかのように訴え…

「発達障害と学校」

<発達障害の子供達の現状> 学校から薬を勧められる「発達障害」の子供達。 今、普通学級には「発達障害」の子供は在籍しにくくなっているという。 日本で子供の人口が減少する中、発達障害と呼ばれる子供は増え続けているらしい。 2006年には7000人余りだ…

「野鳥の鳴き声がもたらす効果」

<ストレス軽減> 鳥の鳴き声にはストレスを軽減させる「セロトニン」を分泌する効果があるようだ。 鳥の鳴き声を聞くと癒されると感じる人は多いのはその為だろう。 <聞きなしという遊び> また、「聞きなし」と呼ばれる鳥や動物の鳴き声を人間の言葉の発…

「ヘラヘラする人の心理」

<ヘラヘラしてる人の特徴> 話題に興味がない。 あまり注目されたくない。 ヘラヘラしている人の中にはあまり自分に注目を集めたくないという理由でヘラヘラする人もいる。 周囲を気にしすぎる。 周囲を気にすると言うよりは周りの評価が気になる事が多い。…

「秋の全国交通安全運動」

先日より全国秋の交通安全運動が始まった。 全国交通安全運動は、広く国民に交通安全思想の普及・浸透を図り、交通ルールの遵守と正しい交通マナーの実践を習慣付けるとともに、国民自身による道路交通環境の改善に向けた取組を推進することにより、交通事故…

「胸の内を知るサイン」

<何考えてるかわからない人の心理>多くを語らない人は、胸の内で何を考えているかわからない。 そんな人でも観察していればどこかにサインが表れているもの。 その心理を探っていってみよう。 <怒っている>何を考えているのかわからない人は、自分の意見…

「ディズニーやアイドルにハマる心理」

<ディズニーにハマる心理> 例えばディズニーマニア女子のあるあるとは… 仰天する生態があるらしく以下にあげてみた。「3度のごはんよりもディズニーが好き」 「これまで舞浜を訪れた回数はン十回」 「友達と行けなくても1人で行く」 「1ヶ月舞浜に行かない…

「コロナのリスクを考える」

外出自粛やテレワークの影響でコロナ太りや体力の低下を感じている人は多い。 こうした小さな不調や体の変化が、実は大きな病気の兆候の可能性があると専門家は言う。 自分の命を守れるかどうかは、その兆候に気づけるかどうかにかかっているのだ。 <息切れ…

「えこひいきする人の心理」

<えこひいきする人の特徴> 「外ではいい顔をする」 「人に好かれたい気持ちが強い」 「損得勘定で物を考えている」 「ズバリ自分勝手である」 <えこひいきする人の心理> えこひいきをする人は自尊心が強いので、自分を立ててくれる部下には優しく接する…

「発達障害者と就労支援」

<発達障害とは> 詳しい原因はまだ解明されていない。 先天的な脳機能の発達の多様さがもたらす障害と言われている。<主な分類> 自閉症スペクトラム障害(ASD) 注意欠如、多動性障害(ADHD) 学習障害(LD) チック障害、吃音(症)など。 <心理的影響> …